2018/07/30

報道関係各位

内神田鎌倉町会
NPO法人大丸有エリアマネジメント協会
一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会
一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会

千代田区神田地区の「内神田鎌倉町会」と、大手町・丸の内・有楽町地区(*1)の「NPO法人 大丸有エリアマネジメント協会(以下リガーレ)」 「一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会(以下大丸有協議会)」 「一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会(以下エコッツェリア)」 は、「鎌倉橋橋洗いプロジェクト実行委員会」を組成し、8月3日(金)16時より「鎌倉橋橋洗い」を実施いたします。
本活動は、関東大震災の復興橋として1929年(昭和4年)に建設され、大手町と神田をつないできた歴史ある架け橋「鎌倉橋」を両地区が力を合わせて洗い、鎌倉橋とその周辺地区の歴史に再び光を当てるとともに、更なる地区連携と相互発展のために実施するものです。当プロジェクトは2015年より開始し、2015年8月5日には下流側の欄干や歩道の大清掃を実施し、2016~2017年には上流側の欄干と歩道の大清掃を実施。
本年は大手町・丸の内・有楽町地区(以下、大丸有地区)と神田地区のワーカー、来街者、住民約100名が参加し、昨年同様に上流側の欄干と歩道を洗って交流を深めます。また当日は、大手町仲通りにて大手町縁日2018も実施しております。この機会に是非、東京の夏の風物詩をご覧ください。

◆鎌倉橋橋洗いについて

【開催日時】  2018年8月3日(金) 16時~17時 ※雨天決行
【開催場所】 鎌倉橋(千代田区大手町1-9-5地先)
【実施目的】 大手町と神田をつないできた歴史ある架け橋「鎌倉橋」を両地区が力を合わせて洗う
ことで、鎌倉橋とその周辺地区の歴史に再び光を当てるとともに、両地区間の連携を
強化し発展を目指します。
【参加者】  大丸有地区と神田地区のワーカー・来街者・居住者 ※先着順 約100名
【主催】  鎌倉橋橋洗いプロジェクト実行委員会
構成団体:内神田鎌倉町会、
NPO法人 大丸有エリアマネジメント協会
一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会
一般社団法人 大丸有 環境共生型まちづくり推進協会
【後援】 千代田区
【協 力】 一般社団法人 情報連携推進機構/一般社団法人 大手町歩専道マネジメント
株式会社 日立アーバンインベストメント/東京トヨペット 株式会社
株式会社 楓屋/赤穂化成 株式会社/テイケイ株式会社
三井ガーデンホテル大手町/三菱地所株式会社

鎌倉橋について(出典:内神田鎌倉町会資料)

天正18年(1590年)、家康の入国に続き、徳川三代に亘る江戸城の築城工事の際、この付近は材木石材などの資材の荷揚場となっていました。鎌倉の材木座から取り寄せた木材をここで荷揚げした事や、伊豆から荷揚げした人夫や石工に鎌倉出身者が多かったから等の理由で、この一帯は「鎌倉町」と呼ばれ、荷揚げした場所は「鎌倉河岸」と呼ばれるようになりました。
鎌倉橋は、昭和4年(1929年)4月25日に、関東大震災の復興橋のひとつとして大手町一・二丁目から内神田一・二丁目に通じて、日本橋川に架橋。長さは30.1m、幅22mのコンクリート製となります。昭和19年(1944年)11月の米軍による日本本土市街地への爆撃と機銃掃射の銃弾の跡が 大小30個ほどあり、戦争の恐ろしさを今に伝えています。

◆同日開催のイベントについて

◆「大手町縁日2018」
昨年も好評を博した大人も楽しめる縁日では約40メートルのテーブルカウンターが設置され、ヨーヨーや金魚すくいといった昔懐かしい縁日遊びに加え、今年は大手町エリアの人気飲食店と神田エリアの老舗店舗の飲食屋台が初出店します。
開催日時:8月3日(金)17時45分~22時
会   場:大手町仲通り 
※雨天時は、中止となる場合がございます。

<「大手町縁日2018」上記イベントについてのお問い合わせ先>
三菱地所プロパティマネジメント株式会社 丸の内PR事務局 (平日9:30~18:00)
TEL:03-4323-0100 / FAX:03-3265-5135
E-mail:marunouchi@ozma.co.jp
                      
<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
大手町・丸の内・有楽町地区まちづくりPR事務局
共同ピーアール㈱ PRアカウント本部4局 担当:前山・高橋
TEL:03-3571-5238 FAX:03-3571-5380
E-mail:tokyo-omy-pr@kyodo-pr.co.jp

プレスリリースファイル

^
TOP