2017/02/06

報道関係各位

一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会

~都市のビジネスパーソンが地域情報の発信・クールジャパン戦略を担う~
エコッツェリア協会
「インバウンド地域ナビゲーター育成プログラム」を2月より開始
2月15日(水)に受講生と丸の内ツアーを実施

大手町・丸の内・有楽町まちづくり3団体(*1) であるエコッツェリア協会は、外国語の潜在力がある 都市部のビジネスパーソンを対象に、日本の各地域の魅力を伝えることのできる人材の育成を目的とする「インバウンド地域ナビゲーター育成プログラム」を本年2月1日(水)よりスタートしました。
本育成プログラムは、大丸有(大手町・丸の内・有楽町)地区を核に様々なビジネスバックグラウンドをもち“おもてなし”マインドを持つ潜在人材を発掘し、座学に加え、訪日外国人にツアー同行しながら 共に飲食を楽しむフィールドワークも実践。これまで詳細まで伝えきれていなかった文化・慣習を含む日本各地域の魅力を新たな目線で伝える事の出来る人材を確保し、インバウンド観光戦略の強化を目指してまいります。
2月1日(水)にはプログラムがスタートし、19名の受講生がインバウンド地域ナビゲーターの基礎知識や心得などについて 学びました。2月15日(水)16日(木)にはスクール受講生とともに、大丸有地区を外国人に案内する「丸の内ツアー」を実施します。
今後は育成したナビゲーターを活用し、大丸有地区と地方のクールジャパン拠点が連携したインバウンドツアーを実施することにより、東京のクールジャパン人財と地域のクールジャパン資源を有効活用したインバウンドを推進。受講生を「ニッポンナビゲーター」として登録しリスト化することも検討しております。
エコッツェリア協会では、観光ビジネスの観点において大丸有地区と取り組みをする地域が増え、関係性が深まることで都市と地域がサステイナブルに成長・発展していくことを目指します。大丸有地区のまちづくりにおいては、この取り組みを通じて海外と日本のビジネス人材の交流が進み、このエリアがより人材と情報の交流拠点となることに期待を寄せています。
※本プログラムは、内閣府「クールジャパン拠点連携実証プロジェクト」事業として実施しております。

ナビゲータースクールの様子
※2月1日撮影 

『インバウンド地域ナビゲーター育成プログラム』 概要

講座名称
インバウンド地域ナビゲーター育成プログラム
内容
外国語の潜在力がある人材に対し、日本各地域のクールジャパン資源を国内外の人によりわかりやすく、面白く、具体的に伝えることができるようにするための教育プログラム。
主催
エコッツェリア協会
協力
株式会社umari、一般社団法人ピースキッチン新潟、WILLER CORPORATION株式会社
開催場所
3×3Lab Future(千代田区大手町1-1-2 大手門タワー・JXビル 1階)他
受講対象
都市部在住の留学・海外居住経験のある方や、日本在留歴の長い外国人の方

『インバウンド地域ナビゲーター育成プログラム』 実施スケジュール

①ナビゲータースクール ※こちらは実施済です。
日時:2017年2月1日(水)19:00-21:00
場所:3×3Lab Future内容:インバウンド地域ナビゲーターの心得、基礎などを学ぶ。
講師:古田秘馬(株式会社umari)

②丸の内ツアー
日時:2017年2月15日(水)、16日(木)19:00-21:30
場所:丸の内、有楽町界隈
内容:
スクール受講生とともに、大丸有地区を外国人に案内。バルホッピングを楽しみ、日本酒のおいしい飲み方や酒蔵の秘密・歴史を伝授など。
<1店舗目>Marunouchi Travel Lab(19:00-19:10)⇒<2店舗目>福光屋 丸の内店(19:20-19:55) ⇒<3店舗目>丸の内バルセン-鮮‐(20:00-20:45)⇒<4店舗目>和麺TURURU(20:50-21:30)

③新潟ツアー
日時:2017年2月25日(土)-26日(日)2日間
場所:新潟県各地
内容:
東京駅発着バスにて、スクール受講生とともに新潟の酒造などを外国人に案内。
(1日目)8:00東京駅出発⇒11:30‐12:30燕三条⇒玉川堂⇒藤次郎ナイフギャラリー
⇒古町/日本料理⇒出湯温泉 清廣館 宿泊 (2日目)セミナー ホテルメッツ新潟⇒
酒蔵今代司⇒お土産購入⇒19:00東京駅着
URL:https://smatra.jp/dy/act/ntr/activity-info/cooking/tokyo/8521/?activityType=product&lang=ja

④ナビゲータースクール 発表会
日時:2017年3月1日(水)19:00-21:00
場所:3×3Lab Future
内容:インバウンド地域ナビゲータープログラムの成果発表、まとめ

【エコッツェリア協会について】
2007 年設立。エコッツェリアは、大手町・丸の内・有楽町エリアのまちづくりを推進し、 これまでの財産であるソーシャルキャピタルを基盤に、より良いまちづくりや社会課題 の解決を目指す「CSV ビジネス創発プラットフォーム」を運営する法人として、新たな 交流施設CSV ビジネス創発拠点「3×3Lab Future」のを拠点として活動して います。

本資料は本日付で東京都庁記者クラブへお届けしています。

<本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先>
大手町・丸の内・有楽町地区街づくりPR 事務局
共同ピーアール㈱ PR アカウント本部4 局 担当:前山・高橋
TEL:03-3571-5238 FAX:03-3571-5380
E-mail:tokyo-omy-pr@kyodo-pr.co.jp

(*1) 「一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、NPO法人 大丸有エリアマネジメント協会、一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会(以下 エコッツェリア協会)」の3団体は連携してまちづくりを推進しています。

プレスリリースファイル

^
TOP