2019/08/08

報道関係各位

一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会

“Tokyo Marunouchi Innovation Platform 発足
大手町・丸の内・有楽町地区の企業とスタートアップ・官・学との連携や実証実験を支援し、
大丸有地区(*1)からグローバルなイノベーションを創出

 一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会(以下、エコッツェリア協会(*2))は、当地区のイノベーション・エコシステム形成に向けて、大企業とスタートアップ・官・学が連携して社会課題を解決することで、グローバルなマーケットに向けたイノベーションの創出を支援する「Tokyo Marunouchi Innovation Platform(以下、TMIP(ティーミップ))」を8月8日に設立いたします。

 TMIPは、大丸有地区内外・国内外の産官学の多様な関係者が参画・連携する会員組織であり、会員企業等の様々なアセット・ケイパビリティと、大丸有地区が有する都市のアセットを最大限活かし、チームアップ、PoC(*3)から事業化迄を一貫してサポートすることで、大企業起点のイノベーション創出や産・官・学、スタートアップ企業等の共同プロジェクトの実現を支援いたします。
また、会員間の交流やイノベーション創出に向けた企業マインド醸成のためのイベント、規制緩和に向けた取り組み等を実施することで、会員企業のプロジェクトをより実現しやすい環境の創出を目指します。
さらに、当地区のイノベーション施設・団体、ベンチャーキャピタル、大学、研究機関、行政機関などの『パートナー』や最先端の知見を有している『アドバイザー』の方々と共に、イノベーション創出を総合的に支援いたします。

 TMIPは、大丸有地区から生まれるグローバルなマーケットに向けたイノベーションを通じて、社会課題の解決、日本・東京の国際競争力の強化を目指します。

(*1)「大手町・丸の内・有楽町地区」の略称を「大丸有地区」と呼んでいます。
(*2)一般社団法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア)は、一般社団法人 大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議 会(大丸有協議会)、NPO 法人 大丸有エリアマネジメント協会(リガーレ)と連携して大丸有地区のまちづくりを推進しています。
(*3)PoC とは、Proof of Concept(概念実証)の略で、新しいアイデア等の実現可能性に関する検証のことを表しております。

Tokyo Marunouchi Innovation Platform について

1. 活動内容
 TMIP では、『実証』の先の『事業化』をゴールとして設定し、会員企業のイノベーション創出を目指す「アーバ ンラボ」「イノベーションコミュニティ」「アドボカシー」の機能を提供いたします。

<アーバンラボ活用のイメージ>

2. アドバイザーについて
入山 章栄 氏 (早稲田大学 大学院経営管理研究科 教授)
石井 芳明 氏 (内閣府 政策統括官 参事官)
照沼 大 氏 (日本ベンチャーキャピタル株式会社 執行役員)
長谷川 克也 氏 (東京大学 産学協創推進本部 特任教授)(予定)
Phil Wickham 氏 (SOZO VENTURES Managing Director)

※8 月 8 日時点

3. パートナーについて
 行政機関
  内閣府/国土交通省/東京都 (予定含む)
 ベンチャーキャピタル
  日本ベンチャーキャピタル/ BEENEXT/ Coral Capital/ DNX Ventures/ SOZO VENTURES/
  TRANSLINK CAPITAL
 イノベーション施設
  3×3 Lab Future/Inspired.Lab/FINOLAB/EGG JAPAN/
  東京 21c クラブ/グローバルビジネスハブ東京

※8 月 8 日時点

4. TMIP のロゴについて
【コンセプト】
大丸有地区で多様なプレイヤーが連携・共働しながら成長し、イノベーションが創発される様子を表し、日本・東 京から世界をリードし、未来を照らしていく存在でありたいという想いを表現しております。

5. 「東京都におけるイノベーション・エコシステム形成促進支援事業 認定地域別協議会」について
 TMIP はこの度、東京都の「平成 31 年度東京都におけるイノベーション・エコシステム形成促進支援事業 認 定地域別協議会」に選定されました。今後 TMIP は東京都と連携しながら、イノベ―ション創出を支援します。

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
大手町・丸の内・有楽町地区街づくりPR事務局
共同ピーアール㈱ PRアカウント本部9部 担当:前山・高橋
TEL:03-3571-5238 FAX:03-3571-5259
E-mail:tokyo-omy-pr@kyodo-pr.co.jp

^
TOP